メンズ長財布ココマイスター価格の秘密をお教えします

メンズ長財布のココマイスターですが、最高級の欧米輸入皮革を使い、熟練の革職人製造ですが、ブランドものよりも安いということで人気です。

ココマイスター価格

タグ:パティーナ

ココマイスターの長財布って、

革の種類プラスアルファなので、

沢山で分かりにくいですよね。

05

しかも、名称が着たいこともないような

カタカナの名前。

以下、簡単に特徴と名称をシリーズ分けしてみました。

内側も馬具ブライドルレザー使用
内装に使う革は表の5倍
◎ジョージブライドル
└ジョージブライドル・バイアリーウォレット

一番人気!オイルたっぷりのイタリア産
◎マットーネ
├マットーネ・オーバーザウォレット
├マットーネ・ラージウォレット
└マットーネ・マルチウォレット

起毛で手触りが良い
◎ナポレオンカーフ
├ナポレオンカーフ・アレッジドウォレット
└ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット

革のダイヤモンドという硬さと希少性
◎コードバン
└コードバン長財布

▼公式サイトへGO!▼




馬具のブライドルレザー。内側はヌメ革。
◎ブライドル
├ブライドル・グランドウォレット
└ブライドル・インペリアルウォレット

内側もイタリア産ミネルバ・ボックス
内装に使う革は表の5倍
◎マルティーニ
├マルティーニ・オーモンドウォレット
├マルティーニ・クラブウォレット
└マルティーニ・アーバンウォレット

03


ヌメ革の素材を厚化粧せずそのまま使用
◎パティーナ
├パティーナ・ラウンドファスナー
└パティーナ長財布


詳しくは、

ココマイスター公式サイトへアクセスしてみると良いでしょう。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ココマイスターの中でも、

パティーナは、比較的新しいシリーズです。

9-01

では、

パティーナの特徴とはどのようなものでしょうか?


それは、ヌメ革でキズがつきやすいけど、

繊維は密度が濃く丈夫、ということです。


ココマイスターの公式サイトに説明が

掲載されていました。


パティーナ素朴な皮の色をしています。

これは、薬品などを使わず、

植物由来のタンニンだけで加工しているのだそうです。


そのため、表面は顔料などの厚化粧がないので、

皮本来の血管や毛穴の後、シミ、キズなどがありますが、

この革の本質を活かす製品がパティーナと言えるでしょう。
▼公式サイトへGO!▼




ちょっと爪でひっかいただけで、

簡単にキズが付きますが、それが革のエイジング、味わいなんですね。


ですから、

経年変化を楽しめる革という言い方も、また正しいのでは無いでしょうか。

9-02

白っぽい革の素材色から、

使い込む内に、どんどんエイジングされ、

あめいろで光沢が出てくると、味わいのある革製品に生まれ変わります。


パティーナは、

ココマイスターの中でも17,000円~という長財布があり、

一番お手頃な価格設定となっています。


公式サイトで、その素材の色合いを見て下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ