ココマイスターをWebで検索しても、Wikipediaには掲載されていないようです。
でも、マイスターという言葉ならば、Wikipediaに見つけました。

Wikipediaには、このように書いてあります。
手工業マイスター制度

マイスターという制度は職人さんをランク分けする制度らしいのですが、発祥はドイツです。
ドイツは職人さんが多いというイメージ、確かにありますよね。

このWikipediaの文章から逆解釈すると、ココマイスターの名前の意味がわかると思います。

ココ」というのは、愛称のことです。
「ココ・シャネル」が一番分かりやすく有名ですが、ココという愛称を使っています。

愛すべき名前ということですね。
そして、革職人の手工業で道を極めた人々の意味を込めていると思うのですが、

▼公式サイトへGO!▼




マイスターをそのままブランド名に使っている。

ココマイスター」というブランド名が、
どのような意味を込められているのか、Wikipediaから紐解くことができましたね。

ココマイスターで本皮の長財布を作っている日本人の職人さんは、最長で50年の職歴を持つ職人さんだそうです。
すごいですね。

50年。

まさに、熟練のワザを持っている。そんな感じがします。
職人がひとつずつ作っている皮製品だからこそ、売り切れた商品の補充がすぐに出来ないのでしょう。

職人手作りなので、大量生産ができないのです。
再販売情報を大人しく待つしか無いでしょう。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓