メンズ長財布ココマイスター価格の秘密をお教えします

メンズ長財布のココマイスターですが、最高級の欧米輸入皮革を使い、熟練の革職人製造ですが、ブランドものよりも安いということで人気です。

ココマイスター価格

カテゴリ: ココマイスター 価格

ココマイスターをこれから購入するのに、

予算はいくらぐらいで、準備すれば良いのでしょうか?
45014403-04_2b


本皮の長財布ですから、そんなに安くないことは想定出来ます。

また、ヨーロッパの最高級比較をつかい、

日本の職人さんが、縫製しているので、

数万円だと予想が付きますよね。


使っている皮革や、

その種類によって価格は違いますが、

おおむね20,000円~40,000円の価格帯となっています。


高く感じましたか?

それとも、安く感じましたか?
▼公式サイトへGO!▼




既に購入された方や、

他のライバルブランドを比較検討している方からすると、

ココマイスターの長財布は、品質の割に安いと皆さん感じているようです。


私も同意し、そう思います。


なぜならば、

ココマイスター公式サイトを見ると、

ほとんどの長財布が売り切れになっている、ということがあります。


人気があり、

売れなければ、売り切れにはならないですよね。
00


まぁ、本皮製品なので、

大量生産できませんから、生産量があまり多くないのかもしれません。


でも、

そのことを差し引いたとしても、

ずっと売り切れが継続していることは、

ある意味、すごいですよね。


買いたくても、在庫切れで買えない長財布。

ココマイスター公式サイトで、ご確認下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ココマイスターをWebで検索しても、Wikipediaには掲載されていないようです。
でも、マイスターという言葉ならば、Wikipediaに見つけました。

Wikipediaには、このように書いてあります。
手工業マイスター制度

マイスターという制度は職人さんをランク分けする制度らしいのですが、発祥はドイツです。
ドイツは職人さんが多いというイメージ、確かにありますよね。

このWikipediaの文章から逆解釈すると、ココマイスターの名前の意味がわかると思います。

ココ」というのは、愛称のことです。
「ココ・シャネル」が一番分かりやすく有名ですが、ココという愛称を使っています。

愛すべき名前ということですね。
そして、革職人の手工業で道を極めた人々の意味を込めていると思うのですが、

▼公式サイトへGO!▼




マイスターをそのままブランド名に使っている。

ココマイスター」というブランド名が、
どのような意味を込められているのか、Wikipediaから紐解くことができましたね。

ココマイスターで本皮の長財布を作っている日本人の職人さんは、最長で50年の職歴を持つ職人さんだそうです。
すごいですね。

50年。

まさに、熟練のワザを持っている。そんな感じがします。
職人がひとつずつ作っている皮製品だからこそ、売り切れた商品の補充がすぐに出来ないのでしょう。

職人手作りなので、大量生産ができないのです。
再販売情報を大人しく待つしか無いでしょう。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページのトップヘ